外貨を購入して投資をする方法として外貨預金やFXがあります
同じ外貨を購入して投資を行いますが、この二つの違いってどのような違いがあるか、皆さんはご存知でしょうか。

外貨預金の最大のメリットはなんといっても日本円での預金と比べると“金利”が高く、利息が大きい事と、為替差益が得られることです。
為替差益とは円高時に外貨に交換し、円安時に円を外貨から買い戻す際に生じる利益の事を言います。
ただし、円高で外貨を購入しても、何らかの要因で購入したが外貨の価格が大きく値を下げてしまった場合、日本円を買い戻すと、当然の事ですが損益となり、投資の元手は少なくなってしまいます。

外貨預金はFXと比べると取引に制限が多く、例えば営業時間ではFXはほぼ24時間の取引が可能なのに対して、外貨預金の場合は取引先業者の営業時間内となっています。
この他に、外貨預金の取引ペアは数種類、FXでは数十種類、1ドル当たりの売買手数料が外貨預金の場合は1~2円なのに対してFXでは0.3銭~1銭と手数料も異なっており、必要資金も外貨預金が100万円なのに対してFXは数万円~の取引が可能となっており、外貨預金は途中解約が出来ないなど、同じ外貨を購入するという投資方法でも、改めて比較してみるとメリット、デメリットに違いがはっきりしています。
レバレッジ(預入資金)は使用できないほか、金利も固定されていますし、換金は原則として満期日に行わなければいけないほか、スワップポイントも一部しかもらえないという事があります。

これらを比較してみると、外貨預金を行うのであれば、世界情勢の動きが激しい現在ならFXの方が断然有利という事がお分かり頂けると思います。
現在、日本は超低金利で、日本を始め先進各国はかなりの超低金利ですので、値動きをしっかり読み取る事が出来るようになれば、新興国の高金利の通貨ペアでFX取引をすることで、かなりの利益を得る事が出来ます。

外貨預金はプロ投資家が大量に売買を行い、価格を動かしてしまう傾向にあるとも言われていますが、FXの場合だとこのように故意に価格を動かすことは難しいため、初心者でも挑戦しやすいと言われています。

Tags:

これからFXを始めていく時は、基礎知識を理解してスタートしましょう。
FXというのは買い注文だけでなく、売り注文からスタートする取引も可能となっています。
外貨預金については、先に買っておき相場が円安となると利益が生まれます。

反対に円高になってしまうと損失になりますが、円高の時に売った後で円安で買うと利益を作ることができます。
円高で買い戻していくという感覚になりますが、為替差益を十分に受け取れるチャンスが生まれます。
しかし注意しなければならない点があり、高金利の通貨を売った後で低金利の通貨に対して買い注文を入れた場合、金利の差だけスワップ金利を別途支払っていかなければなりません。

FXというのは通貨が他の通貨と対となっており、高くなっているか安くなっているかで注文を入れていきます。
円安に向かっていく局面だとしても、利益を目指せるチャンスがありますので状況をじっくりと判断しましょう。

そんな中で通貨と政策金利について、関係性を理解するようにしましょう。
そもそも為替市場というのは、色々な国の金融政策を注目しています。
とりわけアメリカで発表されている統計などに神経を尖らせています。
世界各国の通貨の金利差というのは、スワップポイントで直接FX取引において関係していきます。
決定される時期であったり、内容のチェックを欠かさないようにしましょう。

アメリカの政策金利において年に8回開催されている、FOMCで決定しています。
議事録というのは開催された後で公開されますが、金融当局で発表された見解や議論の内容で金利の状況を判断していきます。
ヨーロッパや日本における政策金利をみていくと、ECBで発表される政策金利であったり、日本での日本銀行に設けられる政策委員会で決まる政策決定会合が判断材料です。
政策金利が変化していくと、スワップをしている中長期を見据えた投資家が、投資を行うか判断する際の材料となっていきます。
動向に注目して投資を進めていきましょう。

Tags:

突然ですが今、手元に100万円があった場合、あなたならどうしますか?
恐らくこのご時世、パーッと派手に使ってしまう方は少ないと思います。
ほとんどの方は少しでも増やそうと、資産運用の資金にしようと考えるのではないでしょうか。
ただ資産運用といっても様々なやり方がありますよね。

例えば銀行の定期預金。
銀行が破たんしない限り元本割れすることは無く、資産運用の中でも最も安全性の高い方法と言えるでしょう。
しかし現在、日本は超が付くほどの低金利国なので、定期預金の金利はわずか0.020%~0.030%が妥当なところです。
2016年では100万円を預けた場合、オリックス銀行の金利が最も高い0.200%で続いてじぶん銀行が0.050%、そして住信SBIネット銀行が0.030%となっています。
だいたい0.020%以上であれば高くもなく低くもない金利と判断して良いでしょう。

ただ、考えてみてください。
0.020%の金利を提示している定期預金に100万円預けたとします。
1年後、帰ってくる利息はたったの200円…。
これって本当に資産運用として成功と言えるのでしょうか?
「元本割れしていない以上、成功でしょう!」という方もいれば、「1年で200円しかプラスにならないなら成功とは言えないのでは…?」という方もいるはずです。
もし後者の考えに賛成なら、近年注目度が高まっているFXにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

知っている方も多いと思いますがFXとは、為替相場の動きを予測し通貨の売買を行う取引のことです。
FXでは普段あまり聞き慣れない単語などもたくさん出てくるので、いきなりチャレンジするのではなく基本的な知識は身に付けておくようにしましょう。
例えば「ポジション」。
よく買いポジションや売りポジションという単語が出てきますが、そもそもポジションとはある通貨を購入し保持していることを言います。
つまり買いポジションとは「買い」から入り決済するまでのことを、そして売りポジションとは「売り」から入り決済するまでのことを言います。

Tags:

もし手元に100万円あったらどうしますか。
昔なら預金して利息で、という話も出そうですが、今の日本では多少大きな金額を預金したところで、「え、これだけ?」と目を疑いたくなるような利息しかつきません。
その点、外貨預金は日本での預金に比べてかなり高金利となります。

せっかく外貨預金をするなら世界で最も高金利な外貨で預金したいと思ってしまいますよね。
では、外国の銀行の利息というのはどのようなものなのでしょうか。
2015年の1月には、一番高金利だったのは、アルゼンチンの25.0%でした。
続いてウクライナの21.0、モンゴルの15.1となります。
いわゆる先進国は比較的低い所が多くなっているようです。
世界一高金利だからその外貨で預金をしよう、と張り切るかもしれませんが、逆を言えば、高金利イコールインフレ率が高いということになります。
例えばアルゼンチンペソは、かなり危うい状態にありますので、利息がついたとしても、通貨の暴落が起こって損をするというリスクもあります。
どうしてもハイリスクハイリターンとなってしまいます。

他の国も同様です。
その点、もう少し下がりますがオーストラリアドルなどは日本と比べると高い方なので、「少しだけ増えればいいや」というくらいの心持ちで外貨を預けておくというのもありです。

Tags:

FXを始める際、米ドルや豪ドルなど情報量も多く取引しやすい通貨を選びがちですよね。
しかしメジャーな通貨だけでなく、トルコ共和国の通貨であるトルコリラにも注目して取引すればよりFXを楽しめるでしょう。

トルコリラの特徴はなんと言っても高金利のところ!
ちなみに世界でも高金利なのはブラジルの14.25%ですが、トルコリラはそれに次いで2番目に高いと言われています。
では何故、ブラジルではなくトルコリラに注目するべきなのか?
それはトルコリラが倍以上の価値がある米ドルに劣らない変動をし続けているからです。
レートが動くということは利益を得られやすいという事でもあるので、初心者の方にもオススメの通貨として知られています。
しかし良い事ばかりではなく、リスクがあることもしっかりと覚えておかなければいけません。
トルコリラについて勉強したい方はこちらをチェック

トルコ共和国を含め高金利通貨の国は発展途上国であり、これから先どんどん豊かになる可能性を秘めています。
国の将来に期待して投資する方も多いですが、先進国に比べれば政治は不安定でテロも起こりやすいです。
その為、通貨価値が急激に下落し大損してしまう可能性も十分に考えられます。
常にリスクとは隣り合わせであることを認識し、後悔しないFX取引をしましょう。

Tags:

FXで利益を得られる方法として“キャピタルゲイン”と“インカムゲイン”があります。
初心者にとっては聞き慣れない言葉で、一見難しいようにも思われるかもしれませんが2つの方法を知っておけば、投資がさらに面白く感じるかもしれません。

まず1つ目の“キャピタルゲイン”ですが、簡単に言えば為替レートの上下で利益を生み出す方法です。
例えば1ドルを100円で買って、1ドルが110円になった時に持っているドルを売れば10円の利益となりますよね。
相場は常に変動しているので、その流れを予想して思い通りに動けば利益、予測が外れて逆に動けば損失になる、ということです。
分かりやすいように、キャピタルゲイン=為替売買益と覚えておくと良いでしょう。
そしてもう1つの“インカムゲイン”は各国の通貨の金利差、つまりスワップポイントで儲ける方法となります。
例えば日本の金利が年利1.0%だったとしましょう。
そこで高金利のトルコリラ5.0%を購入すれば5.0-1.0=4.0%がスワップポイントになります。
そして4.0%÷365=0.0010%、つまり0.0010%のスワップポイントが毎日プラスされる、ということです。

キャピタルゲインとインカムゲイン、この2つの方法を活用すれば投資の幅が広がり、FXもより楽しめるようになるでしょう。

Tags:

FXを始めるにあたって、「外貨預金の金利とスワップポイントの金利ってどっちがお得なの?」という疑問を抱いたことはありませんか?
ちなみに外貨預金とは、いわば日本のお金ではなく外国のお金を預金することです。
日本円よりも外貨のほうが金利は高い傾向があるので、「定期預金したのに利息がこれだけしか付かない…」と思っている方には魅力的に感じるでしょう。
しかし、外貨預金は為替レートの影響を受けるので円高になれば損失するというリスクを伴います。
そしてもう一方のスワップですが、これはFXで利益を得るもう1つの方法と言われています。
簡単に説明すると、低金利国の通貨で高金利国の通貨を買った時に生じる金利差、これがスワップポイントと言われ利益として受け取る事ができる仕組みです。
外貨預金の金利とスワップポイントの金利はどちらがお得なのかを考えるとしたら、断言はできないものの円安傾向が見られる場合は外貨預金のほうが高い金利を得られるかもしれませんし、低金利国と高金利国の通貨の金利差が大きい場合はスワップポイントのほうが得かもしれません。
ただし為替は常に変動していますし、各国の金利だって変わるので必ず思い通りに動くわけではないことを頭に入れておいてください。
いろいろな意見はありますが為替手数料が安い分、FXのほうがお得に感じるかも…!?

Tags: