突然ですが今、手元に100万円があった場合、あなたならどうしますか?
恐らくこのご時世、パーッと派手に使ってしまう方は少ないと思います。
ほとんどの方は少しでも増やそうと、資産運用の資金にしようと考えるのではないでしょうか。
ただ資産運用といっても様々なやり方がありますよね。

例えば銀行の定期預金。
銀行が破たんしない限り元本割れすることは無く、資産運用の中でも最も安全性の高い方法と言えるでしょう。
しかし現在、日本は超が付くほどの低金利国なので、定期預金の金利はわずか0.020%~0.030%が妥当なところです。
2016年では100万円を預けた場合、オリックス銀行の金利が最も高い0.200%で続いてじぶん銀行が0.050%、そして住信SBIネット銀行が0.030%となっています。
だいたい0.020%以上であれば高くもなく低くもない金利と判断して良いでしょう。

ただ、考えてみてください。
0.020%の金利を提示している定期預金に100万円預けたとします。
1年後、帰ってくる利息はたったの200円…。
これって本当に資産運用として成功と言えるのでしょうか?
「元本割れしていない以上、成功でしょう!」という方もいれば、「1年で200円しかプラスにならないなら成功とは言えないのでは…?」という方もいるはずです。
もし後者の考えに賛成なら、近年注目度が高まっているFXにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

知っている方も多いと思いますがFXとは、為替相場の動きを予測し通貨の売買を行う取引のことです。
FXでは普段あまり聞き慣れない単語などもたくさん出てくるので、いきなりチャレンジするのではなく基本的な知識は身に付けておくようにしましょう。
例えば「ポジション」。
よく買いポジションや売りポジションという単語が出てきますが、そもそもポジションとはある通貨を購入し保持していることを言います。
つまり買いポジションとは「買い」から入り決済するまでのことを、そして売りポジションとは「売り」から入り決済するまでのことを言います。

Tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ