外貨を購入して投資をする方法として外貨預金やFXがあります
同じ外貨を購入して投資を行いますが、この二つの違いってどのような違いがあるか、皆さんはご存知でしょうか。

外貨預金の最大のメリットはなんといっても日本円での預金と比べると“金利”が高く、利息が大きい事と、為替差益が得られることです。
為替差益とは円高時に外貨に交換し、円安時に円を外貨から買い戻す際に生じる利益の事を言います。
ただし、円高で外貨を購入しても、何らかの要因で購入したが外貨の価格が大きく値を下げてしまった場合、日本円を買い戻すと、当然の事ですが損益となり、投資の元手は少なくなってしまいます。

外貨預金はFXと比べると取引に制限が多く、例えば営業時間ではFXはほぼ24時間の取引が可能なのに対して、外貨預金の場合は取引先業者の営業時間内となっています。
この他に、外貨預金の取引ペアは数種類、FXでは数十種類、1ドル当たりの売買手数料が外貨預金の場合は1~2円なのに対してFXでは0.3銭~1銭と手数料も異なっており、必要資金も外貨預金が100万円なのに対してFXは数万円~の取引が可能となっており、外貨預金は途中解約が出来ないなど、同じ外貨を購入するという投資方法でも、改めて比較してみるとメリット、デメリットに違いがはっきりしています。
レバレッジ(預入資金)は使用できないほか、金利も固定されていますし、換金は原則として満期日に行わなければいけないほか、スワップポイントも一部しかもらえないという事があります。

これらを比較してみると、外貨預金を行うのであれば、世界情勢の動きが激しい現在ならFXの方が断然有利という事がお分かり頂けると思います。
現在、日本は超低金利で、日本を始め先進各国はかなりの超低金利ですので、値動きをしっかり読み取る事が出来るようになれば、新興国の高金利の通貨ペアでFX取引をすることで、かなりの利益を得る事が出来ます。

外貨預金はプロ投資家が大量に売買を行い、価格を動かしてしまう傾向にあるとも言われていますが、FXの場合だとこのように故意に価格を動かすことは難しいため、初心者でも挑戦しやすいと言われています。

Tags:

これからFXを始めていく時は、基礎知識を理解してスタートしましょう。
FXというのは買い注文だけでなく、売り注文からスタートする取引も可能となっています。
外貨預金については、先に買っておき相場が円安となると利益が生まれます。

反対に円高になってしまうと損失になりますが、円高の時に売った後で円安で買うと利益を作ることができます。
円高で買い戻していくという感覚になりますが、為替差益を十分に受け取れるチャンスが生まれます。
しかし注意しなければならない点があり、高金利の通貨を売った後で低金利の通貨に対して買い注文を入れた場合、金利の差だけスワップ金利を別途支払っていかなければなりません。

FXというのは通貨が他の通貨と対となっており、高くなっているか安くなっているかで注文を入れていきます。
円安に向かっていく局面だとしても、利益を目指せるチャンスがありますので状況をじっくりと判断しましょう。

そんな中で通貨と政策金利について、関係性を理解するようにしましょう。
そもそも為替市場というのは、色々な国の金融政策を注目しています。
とりわけアメリカで発表されている統計などに神経を尖らせています。
世界各国の通貨の金利差というのは、スワップポイントで直接FX取引において関係していきます。
決定される時期であったり、内容のチェックを欠かさないようにしましょう。

アメリカの政策金利において年に8回開催されている、FOMCで決定しています。
議事録というのは開催された後で公開されますが、金融当局で発表された見解や議論の内容で金利の状況を判断していきます。
ヨーロッパや日本における政策金利をみていくと、ECBで発表される政策金利であったり、日本での日本銀行に設けられる政策委員会で決まる政策決定会合が判断材料です。
政策金利が変化していくと、スワップをしている中長期を見据えた投資家が、投資を行うか判断する際の材料となっていきます。
動向に注目して投資を進めていきましょう。

Tags: