これからFXを始めていく時は、基礎知識を理解してスタートしましょう。
FXというのは買い注文だけでなく、売り注文からスタートする取引も可能となっています。
外貨預金については、先に買っておき相場が円安となると利益が生まれます。

反対に円高になってしまうと損失になりますが、円高の時に売った後で円安で買うと利益を作ることができます。
円高で買い戻していくという感覚になりますが、為替差益を十分に受け取れるチャンスが生まれます。
しかし注意しなければならない点があり、高金利の通貨を売った後で低金利の通貨に対して買い注文を入れた場合、金利の差だけスワップ金利を別途支払っていかなければなりません。

FXというのは通貨が他の通貨と対となっており、高くなっているか安くなっているかで注文を入れていきます。
円安に向かっていく局面だとしても、利益を目指せるチャンスがありますので状況をじっくりと判断しましょう。

そんな中で通貨と政策金利について、関係性を理解するようにしましょう。
そもそも為替市場というのは、色々な国の金融政策を注目しています。
とりわけアメリカで発表されている統計などに神経を尖らせています。
世界各国の通貨の金利差というのは、スワップポイントで直接FX取引において関係していきます。
決定される時期であったり、内容のチェックを欠かさないようにしましょう。

アメリカの政策金利において年に8回開催されている、FOMCで決定しています。
議事録というのは開催された後で公開されますが、金融当局で発表された見解や議論の内容で金利の状況を判断していきます。
ヨーロッパや日本における政策金利をみていくと、ECBで発表される政策金利であったり、日本での日本銀行に設けられる政策委員会で決まる政策決定会合が判断材料です。
政策金利が変化していくと、スワップをしている中長期を見据えた投資家が、投資を行うか判断する際の材料となっていきます。
動向に注目して投資を進めていきましょう。

Tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ