外貨を購入して投資をする方法として外貨預金やFXがあります
同じ外貨を購入して投資を行いますが、この二つの違いってどのような違いがあるか、皆さんはご存知でしょうか。

外貨預金の最大のメリットはなんといっても日本円での預金と比べると“金利”が高く、利息が大きい事と、為替差益が得られることです。
為替差益とは円高時に外貨に交換し、円安時に円を外貨から買い戻す際に生じる利益の事を言います。
ただし、円高で外貨を購入しても、何らかの要因で購入したが外貨の価格が大きく値を下げてしまった場合、日本円を買い戻すと、当然の事ですが損益となり、投資の元手は少なくなってしまいます。

外貨預金はFXと比べると取引に制限が多く、例えば営業時間ではFXはほぼ24時間の取引が可能なのに対して、外貨預金の場合は取引先業者の営業時間内となっています。
この他に、外貨預金の取引ペアは数種類、FXでは数十種類、1ドル当たりの売買手数料が外貨預金の場合は1~2円なのに対してFXでは0.3銭~1銭と手数料も異なっており、必要資金も外貨預金が100万円なのに対してFXは数万円~の取引が可能となっており、外貨預金は途中解約が出来ないなど、同じ外貨を購入するという投資方法でも、改めて比較してみるとメリット、デメリットに違いがはっきりしています。
レバレッジ(預入資金)は使用できないほか、金利も固定されていますし、換金は原則として満期日に行わなければいけないほか、スワップポイントも一部しかもらえないという事があります。

これらを比較してみると、外貨預金を行うのであれば、世界情勢の動きが激しい現在ならFXの方が断然有利という事がお分かり頂けると思います。
現在、日本は超低金利で、日本を始め先進各国はかなりの超低金利ですので、値動きをしっかり読み取る事が出来るようになれば、新興国の高金利の通貨ペアでFX取引をすることで、かなりの利益を得る事が出来ます。

外貨預金はプロ投資家が大量に売買を行い、価格を動かしてしまう傾向にあるとも言われていますが、FXの場合だとこのように故意に価格を動かすことは難しいため、初心者でも挑戦しやすいと言われています。

Tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ