FXをこれから始めたい方や始めたばかりの方にとっては、何から勉強をしていっていいのか分からない方も多いのではないでしょうか。
先ず、FXの基礎をしっかり学ぶことから始める必要があります。
中でもテクニカル分析は資産を増やすためにも必ず勉強をしておいてほしい大事なポイントとなっています。

テクニカル分析(=Technical Analysis)とは、時にはチャート分析と言われる事もあります。
最も完結にテクニカル分析を表すと、過去の情報から今後の値動きを予想するという事。
為替相場の動向が一目見て分かるように表示されており、各証券会社や有料・無料のツールが最近では数多く出回っていますので、まだFXを開始していないという方は、自分で見やすいと感じるツールで晩強を始めると良いでしょう。
そしてもう一つ欠かせないのがファンダメンタル分析と呼ばれているもので、為替の相場を予想する上ではどちらも必ず必要となるため、しっかり学ぶ必要があります。

では、いったいどっちを重視して為替相場を分析していけばよいのか?と言う点に関しては、売買の取引手法によっても異なってきます。
しかし、多くのところではチャート分析と呼ばれているリアルタイムの為替動向を折れ線グラフにしているものと同時に、同じ情報ツールの画面上にテクニカル分析のチャートも掲載されているため、初めのうちは目がどこを見てよいのか分からず、きょろきょろしてしまいそうです。

先述したテクニカル分析では、値動きを一瞬で分かるように表示されており、ローソク足、ラインチャートなども一緒に表示されています。
とても難しそうに感じるのですが、意外に一定のパターンなどもありますので、何がどのようになったら為替相場は上がったり下がったりするのか?というポイントを押さえると、とても見やすく色んな情報が同時掲載されていますので、売買もグッと行い易くなります。

では、このテクニカル分析では実際のところ何が分かるのでしょうか。
株価のトレンドが分かるほか、一定の流れのコツが分かってくると売買タイミングが分かるようになってきます。

Tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ