誰でも比較的カンタンに始めることができると言われるFX。
投資などを気にすると、ついつい見てしまうのがテレビでちらっと見える外国為替相場、という文字ですよね。
これは常にリアルタイムで通貨のやり取りがされていて、円高だの円安だのの言葉が躍ります。
これは各国の政治や経済によってかなり大きく左右されます。
外国為替市場に関する説明を聞くと「○○の影響で~」という風に説明をすることが多いので、ついつい政治経済の情報に興味を持つようになってくるんですね。

例えばテロが起こればその通貨は売りに走られます。
自然災害なども同じくです。
しかし、それ以外にも国の要人の発言など、そんなことで、と思うようなことでも相場は動きます。
誰も損をしたくないので、早めに手を打とうとするんですね。
だからこそ、投資をしている人は常にニュースを見ているし、常にレートをチェックしているのです。
株の大暴落という前例も何度もありますよね。
油断していると、今日は儲かっていたのに明日は大損、なんてこともあるわけです。

それを避けるためにも、そしてもっと収益を出すためにも、政治経済に関するニュースには常に目を光らせておきましょう。
それがFXの勝ち組に回る最高の手段でもあるのです。

Tags:

株式投資を始める前になるべく損益を出さず利益を得られるようにする為、まずはテクニックを身につける必要があります。
テクニックとはつまり分析法!
ただ分析法と言っても様々あり、中でもメジャーなのは“テクニカル分析”そして“ファンダメンタルズ分析”の2つです。
今回は専門的な知識を要するファンダメンタルズ分析について説明したいと思います。

株式投資以外でもファンダメンタルズ分析はCFDや日経225先物など、様々な投資でも活用されています。
では、ファンダメンタルズ分析は具体的にどのように活用するのかというと、企業の経営状況や財務状況、それに将来性などあらゆる面から価値を見極め現在の株価の割安感や割高感を予測し行う分析法です。
逆にテクニカル分析はチャートを元に今後の動きを予測するので、ファンダメンタルズ分析ほど専門的な知識は必要ありません。

ここで1つポイントですが、ファンダメンタルズ分析を活用する場合、中長期トレードをする時に限定しておくことをオススメします。
これにはきちんとした理由があり、経営状況や財務などは一朝一夕に変化することはほとんど無いので、短期トレードを行ったとしても情報量が少なく結局はファンダメンタルズ分析ができない場合も…。
その為、情報量も充実する中長期トレードに活用したほうが分かりやすく感じるはずです。

Tags: