誰でも比較的カンタンに始めることができると言われるFX。
投資などを気にすると、ついつい見てしまうのがテレビでちらっと見える外国為替相場、という文字ですよね。
これは常にリアルタイムで通貨のやり取りがされていて、円高だの円安だのの言葉が躍ります。
これは各国の政治や経済によってかなり大きく左右されます。
外国為替市場に関する説明を聞くと「○○の影響で~」という風に説明をすることが多いので、ついつい政治経済の情報に興味を持つようになってくるんですね。

例えばテロが起こればその通貨は売りに走られます。
自然災害なども同じくです。
しかし、それ以外にも国の要人の発言など、そんなことで、と思うようなことでも相場は動きます。
誰も損をしたくないので、早めに手を打とうとするんですね。
だからこそ、投資をしている人は常にニュースを見ているし、常にレートをチェックしているのです。
株の大暴落という前例も何度もありますよね。
油断していると、今日は儲かっていたのに明日は大損、なんてこともあるわけです。

それを避けるためにも、そしてもっと収益を出すためにも、政治経済に関するニュースには常に目を光らせておきましょう。
それがFXの勝ち組に回る最高の手段でもあるのです。

Tags:

株式投資を始める前になるべく損益を出さず利益を得られるようにする為、まずはテクニックを身につける必要があります。
テクニックとはつまり分析法!
ただ分析法と言っても様々あり、中でもメジャーなのは“テクニカル分析”そして“ファンダメンタルズ分析”の2つです。
今回は専門的な知識を要するファンダメンタルズ分析について説明したいと思います。

株式投資以外でもファンダメンタルズ分析はCFDや日経225先物など、様々な投資でも活用されています。
では、ファンダメンタルズ分析は具体的にどのように活用するのかというと、企業の経営状況や財務状況、それに将来性などあらゆる面から価値を見極め現在の株価の割安感や割高感を予測し行う分析法です。
逆にテクニカル分析はチャートを元に今後の動きを予測するので、ファンダメンタルズ分析ほど専門的な知識は必要ありません。

ここで1つポイントですが、ファンダメンタルズ分析を活用する場合、中長期トレードをする時に限定しておくことをオススメします。
これにはきちんとした理由があり、経営状況や財務などは一朝一夕に変化することはほとんど無いので、短期トレードを行ったとしても情報量が少なく結局はファンダメンタルズ分析ができない場合も…。
その為、情報量も充実する中長期トレードに活用したほうが分かりやすく感じるはずです。

Tags:

もし手元に100万円あったらどうしますか。
昔なら預金して利息で、という話も出そうですが、今の日本では多少大きな金額を預金したところで、「え、これだけ?」と目を疑いたくなるような利息しかつきません。
その点、外貨預金は日本での預金に比べてかなり高金利となります。

せっかく外貨預金をするなら世界で最も高金利な外貨で預金したいと思ってしまいますよね。
では、外国の銀行の利息というのはどのようなものなのでしょうか。
2015年の1月には、一番高金利だったのは、アルゼンチンの25.0%でした。
続いてウクライナの21.0、モンゴルの15.1となります。
いわゆる先進国は比較的低い所が多くなっているようです。
世界一高金利だからその外貨で預金をしよう、と張り切るかもしれませんが、逆を言えば、高金利イコールインフレ率が高いということになります。
例えばアルゼンチンペソは、かなり危うい状態にありますので、利息がついたとしても、通貨の暴落が起こって損をするというリスクもあります。
どうしてもハイリスクハイリターンとなってしまいます。

他の国も同様です。
その点、もう少し下がりますがオーストラリアドルなどは日本と比べると高い方なので、「少しだけ増えればいいや」というくらいの心持ちで外貨を預けておくというのもありです。

Tags:

FXを始める際、米ドルや豪ドルなど情報量も多く取引しやすい通貨を選びがちですよね。
しかしメジャーな通貨だけでなく、トルコ共和国の通貨であるトルコリラにも注目して取引すればよりFXを楽しめるでしょう。

トルコリラの特徴はなんと言っても高金利のところ!
ちなみに世界でも高金利なのはブラジルの14.25%ですが、トルコリラはそれに次いで2番目に高いと言われています。
では何故、ブラジルではなくトルコリラに注目するべきなのか?
それはトルコリラが倍以上の価値がある米ドルに劣らない変動をし続けているからです。
レートが動くということは利益を得られやすいという事でもあるので、初心者の方にもオススメの通貨として知られています。
しかし良い事ばかりではなく、リスクがあることもしっかりと覚えておかなければいけません。
トルコリラについて勉強したい方はこちらをチェック

トルコ共和国を含め高金利通貨の国は発展途上国であり、これから先どんどん豊かになる可能性を秘めています。
国の将来に期待して投資する方も多いですが、先進国に比べれば政治は不安定でテロも起こりやすいです。
その為、通貨価値が急激に下落し大損してしまう可能性も十分に考えられます。
常にリスクとは隣り合わせであることを認識し、後悔しないFX取引をしましょう。

Tags:

FXで利益を得られる方法として“キャピタルゲイン”と“インカムゲイン”があります。
初心者にとっては聞き慣れない言葉で、一見難しいようにも思われるかもしれませんが2つの方法を知っておけば、投資がさらに面白く感じるかもしれません。

まず1つ目の“キャピタルゲイン”ですが、簡単に言えば為替レートの上下で利益を生み出す方法です。
例えば1ドルを100円で買って、1ドルが110円になった時に持っているドルを売れば10円の利益となりますよね。
相場は常に変動しているので、その流れを予想して思い通りに動けば利益、予測が外れて逆に動けば損失になる、ということです。
分かりやすいように、キャピタルゲイン=為替売買益と覚えておくと良いでしょう。
そしてもう1つの“インカムゲイン”は各国の通貨の金利差、つまりスワップポイントで儲ける方法となります。
例えば日本の金利が年利1.0%だったとしましょう。
そこで高金利のトルコリラ5.0%を購入すれば5.0-1.0=4.0%がスワップポイントになります。
そして4.0%÷365=0.0010%、つまり0.0010%のスワップポイントが毎日プラスされる、ということです。

キャピタルゲインとインカムゲイン、この2つの方法を活用すれば投資の幅が広がり、FXもより楽しめるようになるでしょう。

Tags:

FXを始めるにあたって、「外貨預金の金利とスワップポイントの金利ってどっちがお得なの?」という疑問を抱いたことはありませんか?
ちなみに外貨預金とは、いわば日本のお金ではなく外国のお金を預金することです。
日本円よりも外貨のほうが金利は高い傾向があるので、「定期預金したのに利息がこれだけしか付かない…」と思っている方には魅力的に感じるでしょう。
しかし、外貨預金は為替レートの影響を受けるので円高になれば損失するというリスクを伴います。
そしてもう一方のスワップですが、これはFXで利益を得るもう1つの方法と言われています。
簡単に説明すると、低金利国の通貨で高金利国の通貨を買った時に生じる金利差、これがスワップポイントと言われ利益として受け取る事ができる仕組みです。
外貨預金の金利とスワップポイントの金利はどちらがお得なのかを考えるとしたら、断言はできないものの円安傾向が見られる場合は外貨預金のほうが高い金利を得られるかもしれませんし、低金利国と高金利国の通貨の金利差が大きい場合はスワップポイントのほうが得かもしれません。
ただし為替は常に変動していますし、各国の金利だって変わるので必ず思い通りに動くわけではないことを頭に入れておいてください。
いろいろな意見はありますが為替手数料が安い分、FXのほうがお得に感じるかも…!?

Tags: