FXをこれから始めたい方や始めたばかりの方にとっては、何から勉強をしていっていいのか分からない方も多いのではないでしょうか。
先ず、FXの基礎をしっかり学ぶことから始める必要があります。
中でもテクニカル分析は資産を増やすためにも必ず勉強をしておいてほしい大事なポイントとなっています。

テクニカル分析(=Technical Analysis)とは、時にはチャート分析と言われる事もあります。
最も完結にテクニカル分析を表すと、過去の情報から今後の値動きを予想するという事。
為替相場の動向が一目見て分かるように表示されており、各証券会社や有料・無料のツールが最近では数多く出回っていますので、まだFXを開始していないという方は、自分で見やすいと感じるツールで晩強を始めると良いでしょう。
そしてもう一つ欠かせないのがファンダメンタル分析と呼ばれているもので、為替の相場を予想する上ではどちらも必ず必要となるため、しっかり学ぶ必要があります。

では、いったいどっちを重視して為替相場を分析していけばよいのか?と言う点に関しては、売買の取引手法によっても異なってきます。
しかし、多くのところではチャート分析と呼ばれているリアルタイムの為替動向を折れ線グラフにしているものと同時に、同じ情報ツールの画面上にテクニカル分析のチャートも掲載されているため、初めのうちは目がどこを見てよいのか分からず、きょろきょろしてしまいそうです。

先述したテクニカル分析では、値動きを一瞬で分かるように表示されており、ローソク足、ラインチャートなども一緒に表示されています。
とても難しそうに感じるのですが、意外に一定のパターンなどもありますので、何がどのようになったら為替相場は上がったり下がったりするのか?というポイントを押さえると、とても見やすく色んな情報が同時掲載されていますので、売買もグッと行い易くなります。

では、このテクニカル分析では実際のところ何が分かるのでしょうか。
株価のトレンドが分かるほか、一定の流れのコツが分かってくると売買タイミングが分かるようになってきます。

Tags:

これからFXを始めていく時は、基礎知識を理解してスタートしましょう。
FXというのは買い注文だけでなく、売り注文からスタートする取引も可能となっています。
外貨預金については、先に買っておき相場が円安となると利益が生まれます。

反対に円高になってしまうと損失になりますが、円高の時に売った後で円安で買うと利益を作ることができます。
円高で買い戻していくという感覚になりますが、為替差益を十分に受け取れるチャンスが生まれます。
しかし注意しなければならない点があり、高金利の通貨を売った後で低金利の通貨に対して買い注文を入れた場合、金利の差だけスワップ金利を別途支払っていかなければなりません。

FXというのは通貨が他の通貨と対となっており、高くなっているか安くなっているかで注文を入れていきます。
円安に向かっていく局面だとしても、利益を目指せるチャンスがありますので状況をじっくりと判断しましょう。

そんな中で通貨と政策金利について、関係性を理解するようにしましょう。
そもそも為替市場というのは、色々な国の金融政策を注目しています。
とりわけアメリカで発表されている統計などに神経を尖らせています。
世界各国の通貨の金利差というのは、スワップポイントで直接FX取引において関係していきます。
決定される時期であったり、内容のチェックを欠かさないようにしましょう。

アメリカの政策金利において年に8回開催されている、FOMCで決定しています。
議事録というのは開催された後で公開されますが、金融当局で発表された見解や議論の内容で金利の状況を判断していきます。
ヨーロッパや日本における政策金利をみていくと、ECBで発表される政策金利であったり、日本での日本銀行に設けられる政策委員会で決まる政策決定会合が判断材料です。
政策金利が変化していくと、スワップをしている中長期を見据えた投資家が、投資を行うか判断する際の材料となっていきます。
動向に注目して投資を進めていきましょう。

Tags:

突然ですが今、手元に100万円があった場合、あなたならどうしますか?
恐らくこのご時世、パーッと派手に使ってしまう方は少ないと思います。
ほとんどの方は少しでも増やそうと、資産運用の資金にしようと考えるのではないでしょうか。
ただ資産運用といっても様々なやり方がありますよね。

例えば銀行の定期預金。
銀行が破たんしない限り元本割れすることは無く、資産運用の中でも最も安全性の高い方法と言えるでしょう。
しかし現在、日本は超が付くほどの低金利国なので、定期預金の金利はわずか0.020%~0.030%が妥当なところです。
2016年では100万円を預けた場合、オリックス銀行の金利が最も高い0.200%で続いてじぶん銀行が0.050%、そして住信SBIネット銀行が0.030%となっています。
だいたい0.020%以上であれば高くもなく低くもない金利と判断して良いでしょう。

ただ、考えてみてください。
0.020%の金利を提示している定期預金に100万円預けたとします。
1年後、帰ってくる利息はたったの200円…。
これって本当に資産運用として成功と言えるのでしょうか?
「元本割れしていない以上、成功でしょう!」という方もいれば、「1年で200円しかプラスにならないなら成功とは言えないのでは…?」という方もいるはずです。
もし後者の考えに賛成なら、近年注目度が高まっているFXにチャレンジしてみてはいかがでしょう?

知っている方も多いと思いますがFXとは、為替相場の動きを予測し通貨の売買を行う取引のことです。
FXでは普段あまり聞き慣れない単語などもたくさん出てくるので、いきなりチャレンジするのではなく基本的な知識は身に付けておくようにしましょう。
例えば「ポジション」。
よく買いポジションや売りポジションという単語が出てきますが、そもそもポジションとはある通貨を購入し保持していることを言います。
つまり買いポジションとは「買い」から入り決済するまでのことを、そして売りポジションとは「売り」から入り決済するまでのことを言います。

Tags: